酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 突然ですが春のJAZZフェスティバル@Jirokichi

<<   作成日時 : 2018/04/12 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

木曜日、
新しい現場にて通常業務開始。なかなかキツイ。40分セットのライブを5セットやったような感じ。今日は初回なのでMC多めでしたが、、
そんな自分にとっては放出しちゃった分のエネルギーをライブ観戦で補充するのが何よりの楽しみ。

てなわけで、突然の春のJAZZフェス@高円寺JIROKICHI。
最高でした!!

[突然ですが春のジャズフェスティバル]
金澤英明(b)小島のり子(fl)類家心平(tp)中村恵介(tp)多田誠司(as)峰厚介(ts)駒野逸美(tb)栗林すみれ(p)永武幹子(p)千北祐輔(b)西村匠平(d)二本松義(d)西村知恵(vo)


この突然の企画が立ち上がった経緯については知っておりました、が、「ギャラが関係ないとなるとミュージシャンはいい演奏をしてしまうものなんです」というMCにヤラれましたね。
とにかく愛に満ちたステージでしたよ。

若手のミュージシャンの、ベテランに対するリスペクト、ベテランの本気、同じ楽器同士の目線のやりとり。モンク、ショーター、ヘイデンの素晴らしい曲。
Woo pin' blues 、
画像

Eye of harricane
画像

Lady bird、
画像

St.Vitus dance 、
画像
Night fall ,
画像


セカンドはCider's blues
画像

Pannonia 、
画像
Black Nile、
画像
Left alone、
画像
Sweet love of mine。
画像


初めて聴くミュージシャンはドラムのお二人だけでしたが、この2人がアンコールOh,Geeで向かい合って叩いているシーンなぞたまりませんでしたよ。
画像


客席にも顔見知りのリスナーさんやミュージシャンがいらしていて、アフターも楽しそうでした、わたくしは早朝7時出勤なんでお先に、、

ああ、こんな楽しいライブを聴ける状況にある人間って本当に少しなのだろうな、しかし、電車に座った途端に意識がなくなった自分もホントは聴ける状況ではないのかも、、

それでも間違いなく聴かないより聴けるほうが幸せ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
突然ですが春のJAZZフェスティバル@Jirokichi 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる