酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 賢作さん健一郎さん2piano

<<   作成日時 : 2017/08/29 18:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

月曜日。
だらだら仕事している場合ではない、9月は初旬に監督官庁の訪問もあるし、前半期の締めもあるし、おそらく、ぎゃあーと言いたくなる忙しさになる。
だからこそ行ける時に行くのだ。というか、これは絶対聴きたい。画像

谷川賢作(pf) 新澤 健一郎(pf)

ピアノDUOというものは、他楽器(例えばギターとかベースとか管楽器のDUO、、)などに比べると、面白くない、、と思っておりました。何回か聴いたことがあるのですが、ピアノは他の楽器に比べ音質自体の区別が付きにくいのでどっちが何弾いてるか分からないこともあるので。

しかし、今日は2セット、凄い面白さでした。お互いを引き立て合う、すごくよく聴き合って思いっきり言い合う、そういう感じがしました。
満席のお客様、新澤さんの関係の方が多かったかしら。大いに盛り上がりました!

お二人お互いの曲を持ち寄り、ピアノを二曲ずつ交代。野球理論では新澤さんは150km/h超の速球、賢作さんが変化球タイプだという賢作さんのMC。絶好調です。
新澤さんが賢作さんをリスペクトしていることは知っていたのですが、今回は賢作さんが新澤さんにお声をかけた、ということでした。

Quiet leaves(新澤さん)、小春日和(賢作さん)、本棚食堂(新澤さん)、フラニー(賢作さん)、ときて、まさかのジスモンチの「パリャーソ」!!去年の今頃から自分も取っ組んで弾いた思い出の大好きな曲。もう心を撃ち抜かれましたわ。泣きそうでしたよ。
画像


さて、2セット目スタートは1セットのうちに予告されたドビュッシーの小組曲!新澤さんの夏休みはこれで終わったそうですが。。楽しかったー!!

そして新澤さんソロでジスモンチの7つの指輪、(スタンウエイが重くて大リーグ養成ギプスのようだ、と言ってました)賢作さんソロでセンチメンタル・パン・スプリング。おれ、こっちにしよ、と、賢作さんは蓋をとったYAMAHAを選んでました笑
確かにちょっとピアノと音響がが残念な感じがしていましたが、、しかしこのお二人、硬質でキラキラした水晶みたいな音がするところ、共通してるなあ。

Duoに戻って、ジャズいPointed Eyes(点目)は賢作さんオリジナル 、風にそよぐは新澤さんの曲。
最後は賢作さんが舘野泉さんの為に書き下ろした「スケッチ・オブ・ジャズ」から理由なき熱情。凄まじいけれど、めっちゃくちゃ楽しそう。ああ、ピアノ弾くっていいな!
時間はオーバーしていましがアンコールは「路上喫煙」。いやあ濃い。圧倒的なファンクジャズでした。

帰り際、スケッチ・オブ・ジャズの譜面みて、賢作さんにコードが書いてないから買ってもなあ、と渋っていたらなんとリスナー友の(新澤さんの音楽仲間であるそうだ!)岩本さんがプレゼントして下さいました。
画像
ありがとうございます。絶対今度お会いしたらご馳走させていただこう。
ううううれしい!でも、弾けるのか?これ?無駄にしてはいかんな。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
賢作さん健一郎さん2piano 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる