酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 大野えり is come back to Pit Inn 2

<<   作成日時 : 2017/04/19 01:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像月曜日、
夕方の突然の大雨、乱れる地下鉄、それでも行って良かったPit Inn。

大野えり(Vo)石田 衛(P)加藤真一(B)小山彰太(Ds)

Noriさんにお勧めヴォーカリストを教えてもらって同じメンバーの吉祥寺ライブに誘って頂いたのに都合がつかず、うう、残念と思っていたら、Pit Innに同じカードが!!やった。

聴いて納得。
滅多にヴォーカルライブを聴かない自分に勧めて頂いた理由が分かった気がします。(というか、ピアノトリオのメンバーがワタシ好みだったらありません。彰太さんっ!北千住の居酒屋さんで会った石田さん、何度も聴いている真一さん)

で、1stの選曲がど真ん中。
ものすごく自由でぐいっと惹きつける Just in time、その後にBlue in green, Confamation、Blackbird からのByebye blackbird、そして、How my heart sings!やられました。
石田のソロはとっても個性的で、でもジャズの歌心があって。加藤さんのベースイントロの説得力、彰太さんの音。

もちろんセカンドセットのバスター・ウィリアムスのナンバー、非常に美しい「クリスティーナ」、ニーナ・シモン のナンバー、えりさんのオリジナルも、素敵。曲を追うごとにパワフルに、エネルギッシュになってゆくのです。
アンコールはブルース。えりさんがNYのBlue noteでステージから呼ばれて歌ったのもブルースだったそうです。
どういう訳か、この日のピットイン、外国人のお客さんが半分はいたせいか、
(多分、日本の一流ミュージシャンのジャズが聴けるとガイドブックに書いてあるんでしょう)
ここがBluenoteかのような感じもしましたよ。

水曜日、吉祥寺でこれから聴ける人が羨ましいですわ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大野えり is come back to Pit Inn 2 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる