テーマ:イタリア

パンデミックが変える世界

土曜日、今Eテレでやってた「テルマエ・ロマエ」の作者ヤマザキマリさんの緊急対談「パンデミックと世界」が非常に興味深かったです、、イタリアが何故ああなってしまったか、日本が今ある状況というのもよくわかってきました。孫がおばあちゃんとハグしたためにおばあちゃんが亡くなってしまったという話も。そして過去のパンデミックスペインかぜの話題も。夏に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつき年末ピサ旅行(8)当たりあればハズレありの食事

今回の旅行、ピサで食べたもの。 まずはミートソースのラヴィオリ。これは「餃子」。見えるでしょう? 携帯失くして、素敵なトスカーナのサラミとハムとパスタの写真はありません、が、ベストはピサ駅近くのLa Buccaでランチに頂いた海老とイカのフリットミスト。ちょっと多かったけど軽い食感で、白ワインにぴったり。完食した。魚介のラグーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつき年末ピサ旅行(7)パリで乗り継ぎ

日曜日の朝はシャルル・ド・ゴール空港。 さて、日本ではもうそろそろ年越し行事が始まる頃。 紅白歌合戦とか年越しセッションとかライブとか、飲み会とか。 独り身の自分はまあ何処へ行こうと自由なわけですが、それが辛くて逃亡してたりします。 今回の旅行はホントに一筋縄では行かない感じでしたが、懸案の5:30までに空港でチェックイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつき年末ピサ旅行(6)ピサからフィレンツェへ

土曜日。 ピサからフィレンツェへ戻る。 斜塔のある広場から歩いて30分くらいかけてピサ中央駅へ。 12年前ここに来た時はこの距離を考えておらず、どたばたと電車に飛び乗ったのだっけなあ。 今回はゆったり土曜日の街を歩いて、ゆっくりお昼を食べて、10分遅れ(ritardo)の電車で、フィレンツェ・サンタマリア・ノヴェッラ駅に戻る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつき年末ピサ旅行(5)警察と美術館

土曜日。 午前中のうちに警察署に行ってみることにしました。 よく見たらガイドブックの地図にちゃんと書いてあったのだ。 ちゃんと届けが出せるんだろうか、と思いながら扉の手前の受け付けへ。 年の頃なら40台後半くらいの、皺は多いがきりりとした女性の係官が、(もちろんイタリア語も英語すら怪しい)自分の言ってることがわかったらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつき年末ピサ旅行(4)変わらない街並みと

金曜日。Pisaの街歩きその2。 壁の古さと空の色が好きなのだ。帰ってきたなあ、という感じ。冬の北イタリアにはこころの里帰りをしているよう。 この空気を感じるための今回の旅なのだ。 何度も同じような写真を違う街で撮っていると思う。 イタリアの古い街並みを歩いていると、この空気感、だらしなくても平気というか(落書き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつき年末ピサ旅行(2)携帯紛失

木曜日。 フィレンツェからピサへ移動。 チェックアウト前は既に観光客でいっぱいの街を歩き、サンタマリアノヴェッラ駅で切符を買って階段の下のストリートピアノをちょっと弾く。 Pisa San Rossre(宿が近い)まで 電車で1時間15分。駅の目の前の宿なのに、2番目のホームを通らないと出口にいけなというヘンな場所で、探す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつき年末ピサ旅行(1)トラブルのはじまり

アムステルダムは水曜日。 乗り継ぎで一人絶賛時間潰し。 ラウンジの時計がアートな感じで楽しいのです。内側からペンキで描いた長針を拭き取って、そしてまた描いて、、というのを1分毎に繰り返すビデオ作品? 眺めてると楽しい。が、21時までは長過ぎだ。 持ってきた本は飛行機の中であらかた読んでしまった。 実はこの便、成田でエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の年末放浪

水曜日。 先月末、突然思いついたのですが、久々に年末の放浪をすることにしました。(年休ここぞとまとめ取り致しました。ま、今まで無遅刻無欠勤だから、よしとしていただこう。) しばらく断ライブ観戦生活。 実はここが大事でした。 行きたいライブが幾つも重なり、年忘れセッション的なものもあり、会いたい人はいつ帰ってくるのか連絡はなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北イタリア(とサンマリノ)で夏休み(10)旅の終わり

火曜日。この旅、8日目、最終日。 帰りはパリ経由。中央駅で、マルペンサから着いた時とは反対側の乗り場から7時発のリムジンでリナーテ空港まで行く。 市街地をぐるぐるっと回って20分くらい。初めてミラノに来た時はここまでタクシーでしたかね。 さて、チェックインの列に並んだら、凄い時間かかってしまった。 ごめなんさい、てなわけでお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北イタリア(とサンマリノ)で夏休み(9)ミラノ「900」へ行く

月曜日、再びミラノ。 来た時と同じ宿に荷物を置いて、地下鉄でDUOMOへ。 この日はお買い物、と思っていたのに頼みの食料品店PECKも月曜日でお休み、(まあ最近伊勢丹にも入っているしな) しかしなんと!月曜日でも14:30から開いている「900」Museo del novecentが。 この美術館は2010年末に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北イタリア(とサンマリノ)で夏休み(8)ヴィチエンツァ散歩

月曜日、せっかくの世界遺産の街、ヴィチエンツァ。 電車の時間までその街並みを少し味わってみることにしました。 まずはミラノ行きの切符を買うために駅まで20分ほどの道のりをぶらぶら。 街の入り口から駅までは広々した公園と大通り。あー、駅には「何々駅」と書かないのね、確かに間違えようもないから必要ないか。 こんなふうに石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北イタリア(とサンマリノ)で夏休み(7)ヴィチエンツァへ向かう

日曜日続き、ボローニャを発ってヴィチエンツァへ。 実はこの旅行、当初は5泊7日で考えていた。ところが飛行機のチケットを調べたら、何故か1日先の方が料金が安い。 何故かなと思いつつ、一泊余計にすることにして、さて、どうするかな、と地図を眺めていたら世界遺産の街だというのに行ったことがないヴィチエンツァ、がふっと目に入ったのです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北イタリア(とサンマリノ)で夏休み(6)ボローニャで昼ごはん

日曜日。 ボローニャで昼ごはんを食べる。 これは外せない計画だったし、大当たりだった。荷物を引っ張りながら、裏通りのテーブルの出ているお店に適当に入ったら、ここの手打ちパスタにボロネーゼソースが最高でしたね。 ボローニャは10年前に初めて訪れとても好きになった街で、数年前にも来たのにまた来てしまったのだ。 自分にとっては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北イタリア(とサンマリノ)で夏休み(5)ボローニャに向かう

土曜日、サン・マリノを発ってリミニ経由でボローニャへ。 バスはこれ。わかりやすい!でも9:15出発なのに14分くらいまで運転手が来ないー。こういうところはイタリア的なのよね。で、結局時間には間に合う。。 バスは山道を下りながらバス停で何人も人を乗せていきます。 土曜日なので、リミニの街に出かけて行く人も多いのだろうな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア(とイタリアじゃない国)で夏休み(4)山の天気

金曜日。 サンマリノは世界で5番目に小さな国。はるか昔、イタリアが統一されず諸国が並び立った頃からそのままの、最古の共和国なんですって。 旧市街は、ティターノ山という標高740m程の岩山に築かれた城塞のすぐ下にあるので、陽射しは強いけど涼しくて過ごしやすい! そして山の天気は変わりやすいのでした。 朝、山の尾根の3つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北イタリア(とイタリアじゃない国)で夏休み(3)偶然のコンサート

木曜日の夜。 偶然にも8月最初のライブ観戦@サンマリノ 、でした。 陽の高いうちにうろうろしてたら何やら広場で演奏の用意している、どんなバンドがやるのかな? で、ビール飲んで宿に戻りシャワー浴びてうたた寝してしまい、慌てて21時半過ぎて出かけましたら、、 絶賛やってました!うひょー。なんと23時まで。 豪華コー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北イタリア(とイタリアじゃない国)で夏休み(2)サン・マリノへ向かう

木曜日、ミラノからサンマリノ共和国へ移動。 まずイタリア版新幹線「Frecca rossa(赤い矢)」でボローニャまで。全座席指定です。 時速270kmくらい出てた。。 これでボローニャまでたったの1時間!(料金も44ユーロと高いですが、、) さて、時刻表を見ると、(これが慣れるとわかりやすい)ボローニャからは乗り継ぎで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北イタリア(とイタリアじゃない国)で夏休み(1)

長い水曜日、旅の1日目。 夏の欧州は二回目であります。 一回目は同業者と行ったウィーン→ヴェネチア8泊10日というご機嫌な個人旅行。 コンクールとか関係なかったんですなあ、当時は。(そして自分は今また関係なくなりました) オーストリアからヴェネチアへ飛行機でアルプス越えて入って、ウィーンの閉塞感と比べその開放感にびっくりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み旅行

水曜日。今日から来週水曜日まで自分の夏休みにしました。 夏季休暇と土日と年休を合わせて8日間、そして翌日は「山の日」というカンペキな休暇。(12日は出勤) これは、 ①今年は市営プールが改修工事中で水泳大会がない、②千葉フィルの本番が7月中に終わってしまった③地元のお祭りが三年に一度の本祭りで、お盆過ぎに例年の現場のお祭りがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage (8) 変わったもの、変わらないもの

というわけで、9年振りのトスカーナの旅、あっという間に終わってしまいました。 しかし、記憶を辿りながらの旅だったので、以前来た時と変わらないもの、変わったものを確認しながら歩くのは楽しかった。 まあそれだけの旅だった、とも言えますが。。。 前の日記にも書きましたが、今回はなんとなく灯りが明るくなった気がする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ豚とパンフォルテ

金曜日。 エルヴの森に顔を出して来ました。 お客さんがいればピアノ弾くんですが、いなかったのでマスターと料理談義。 年越しでは、お客さんが何組もいらしていて、お土産が出てくるチャンスもなく、ゆっくり話せなかったんですが、昨日はシエナ豚のサラミとナンニーニのパンフォルテを切っていただき、ホットワインと共に。 あああ、幸せ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage (7)お土産はフィレンツェで

12月29日月曜日。 昼ご飯食べてフィレンツェへ。帰りは何処にも寄り道せずに直行(Rapid)バスで。 シエナのチケット売り場はバス乗り場の脇から地下道に入ったところにあります。7.6ユーロ。一時間強で着くので、これが一般的な交通機関でしょう。 そしてこのバス路線、やはり美しいトスカーナの丘の間を抜けて行くのだな。 いい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage (6)街を覚えている

12月29日。もうシエナを去らなくてはなりません。 おそらくもう訪ねることはないかもしれない、と思い、出来るだけ街を歩いてみることにしました。 前回訪れた時、ほとんどの美術館や博物館は行っていたので、今回はお金がなかったのもありパス。 そして、思い出すと、シエナにいた2日間のうち一日はサン・ジミニャーノに行ってたんだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage (5)トスカーナ、いのちを頂く

食べ物の話をもう少し書きます。 今回、9年振りにフィレンツェに来て、あれっ、と思ったのは駅前に大きなMacが出来ていたこと。こんなに美味しいパニーニや切り売りのチーズピザがある街なのに、何故なんだ。外国人対応?(日本人か、中国人か、カップルが大きなブランドの買い物袋を置いて食事している姿が見えました) そして、シエナ郊外のバスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage (4)よくわからないけれど美味しい

トスカーナの旅の楽しみは、やはりワインとトスカーナ料理。 今回の旅行でも食事にエネルギーを注ぎました。 でも、、思ったのと別のものが出てきちゃったことも。。 アレッツオの素敵なグランデ広場に面した老舗らしいレストラン。 前菜のトスカーナ風盛り合わせ(サラミでしょう、とアヒルソースのPici(これはよく覚えている、太麺パス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage(3)大聖堂を見に行く

12月28日。 シエナ再訪を思い立ったのは、2005年に来た時、必見!という大聖堂のファサード(正面)が修復中だったため。念願叶いました。 朝の青空に輝く白と薄緑とピンク色の大理石が本当に美しい。 前の日の夕方、グラムシ広場に着いたときはかなりの雨だったのに、翌朝は快晴。 ちょっと街を歩いてから、10:30オープンに真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage (2)アレッツオで昼ごはん

12月27日。フィレンツェからシエナへ移動、途中アレッツオに寄り道。 前回のようにサンタマリア・ノヴェッラの駅前からバス(プルマン)に乗れば楽に1時間半ほどでシエナの街中に着いてしまうことは分かっていたのですが、今回久々のイタリア。鉄道に乗りたかったのです。 シエナの鉄道駅は街の中心から結構離れているのもあり、どうしようかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエナ、2nd voyage (1)行きはよいよい

恒例行事、年忘れ旅行記。 一昨年振りのイタリアへ。 今回は値段の安い経路ということでスイス航空使用。 まずはチューリヒへ。フィレンツェへの乗り継ぎが1時間半ないというのが少々心配でしたが、ま、なんとかなるでしょ、と特に遅れたときの対応を確かめず出かけました。 幸い飛行機は10分くらい早くチューリヒ空港に着陸し、入国審査に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家に着くまでが遠足

水曜日。 大晦日、現実逃避から帰ってきました。 今回の旅行では、自分がワインを飲んだくれた店に財布を忘れて、ジェラート屋さんでオーダーしてから気がついて取りに行った(そして、戻ってジェラートを作り直してもらった)、という余りにヨッパライ的なアクシデント以外、何もアクシデントがなく、平和すぎるんじゃないの、と思ったら、ちゃんと旅行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more