堀江トリオ2019

金曜日、

例のギブソン優勝ギタリスト堀江くんが久々にベース、ドラムのオーソドックスなギタートリオをやるという。コレは行かねば、、

堀江洋賀(g)入船裕次(b)坂本貴啓(Drs)

25586CFE-EA1C-4038-B98A-200B05941B49.jpeg

と、新しくなってから初めてのIndependence に行きましたら、もう席がけっこういっぱいでした!でも

ちゃんと予約入れてくれてました、

ありがたや!!


そしてTせいさんやOもとさんもいらしたし、ママのフルーティスト北条さんもちょっと前にセッションでご一緒したり、でアウェイ感なし。ありがたや!!!


演奏もほっとするメロディの堀江オリジナル中心。MCもゆったりのんびり、しかしスタンダードをやるととんでもなくうまい、捻りがあるのがわかります。ベースとドラムの入ったトリオって、ピアノトリオもだけど、自由になれるんですよねえ、、

フェイクブルース、Koiwa 、まだ名前のないマイナーのワルツ、Summer time 、かくれんぼ、名曲D-Funk.

2ndセットはまず、堀江君が見かけたという猫の様子、いろんなところにドラマがあるなあ、というゆったりした話からの「あちこち」、おなじみのTime without time、ことばのあや、や

まだ名前のない、ギンガ風ボカリーズ付きの曲も聴けました。C08BF499-1704-4E9B-B7E8-DFCB1D76D7E0.jpeg

最後は自在に形が変わるA-train、アンコールは緩くないアレンジの「サンタが街にやってくる」。

先生、J-popだけじゃなくてジャズもやるのね、と言ってたギターの生徒さんたちも楽しそうでした。

これはまたやるしかありませんな。


"堀江トリオ2019" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。