こんにゃく座「フィガロの結婚」

オペラと言えば、最近は字幕が付いているのでついつい安心して予習なしで聴きに行ってしまいます。
といっても一年に一度行けばいいほうですが。

よく考えてみると、一番のフォルテで歌い上げてるあの言葉は何か、知らずに聴いてます。

今日のこんにゃく座の「フィガロの結婚」は、伴奏こそピアノ、ヴァイオリン、オーボエ、バソン、クラリネット、時々ティンパニ各1づつですが、間違いなくモーツアルトのオペラです。

いやあ、歌詞が素晴らしい。全部日本語。
で、何をいってるかというか、どういう意味のことをいっているかがよくわかりました。
アリア「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」も「きみは愛の狩人・・・」なんて歌詞がついてます。
なるほどなあ、そのほうが意味が伝わるなあ。


今日の座席はは前から2列目のど真ん中。
ド迫力の舞台を楽しめました。

余韻にひたりたいところですが、これから「やみくも練習」をしますので日記はこの辺にしておきます。

"こんにゃく座「フィガロの結婚」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント