仕事キャンセルに思う


土曜日。

緊急事態宣言で仕事がキャンセルになり、朝ごはんに、バナナとりんごとくるみとドライフルーツのソフトクッキー焼きました。砂糖とバターと粉が同重量。ヤバイ食べものです。
137507930_1847543405385191_85562224758986319_n.jpg
テレビ見ながらウチでぼうーっとSNSを泳ぎつつお茶を呑んでいますが、ふと気になったことがあったので自分の考えを書きます。
136757715_1847542955385236_3857460829519810975_n.jpg

この事態で、何人もの音楽家が

「音楽は不要なものではない!」と記事をあげていて、全くそうだそうだ!と思うのであります。

音楽家を仕事にする方のために補償を何とかして欲しい。

その中に、「アマチュアプレイヤーはどう考えているのか」というコメントがあって、あっ、、と思ったのです。

「アマチュアプレイヤー」って括り、すごく曖昧な時代なんだと思う。

ライブやセッションを企画するアマチュア音楽仲間は、お店の集客のために、共演するミュージシャンのためにやってるんだと思うし。

一方、収入を他の仕事に頼りつつ、音楽を人生の大切な仕事としているプロミュージシャン、ライブをやる方の多くはそうじゃないかしら、と思う。

プロとアマチュアの区別ができません。

自分は今でこそ筋金入りのリスナーを自称しておりますが、実は根っからのアマチュアプレイヤーでした。大学も卒論の代わりに卒業演奏。アマチュアオーケストラで30年以上コントラバスを弾いていました。お金出して演奏会出てた。そして、ある意味ずっと音楽に関わる仕事をしている。みんなが音楽を生涯楽しめたらいいな、と思って。今日もその仕事の一環のはず、でした。もらえるお金はほんのわずかですが。

そういう中で「自分が演奏できる楽しみが失われて残念」なのは当然、だけど、生活ができる、できないの違いは大きい。

プロの音楽家?みんなyou tube やその他諸々の配信でやってるよね、応援ならCDやグッズを買って、という空気があるのは確か。

今テレビで注目されているミュージシャンも、音楽家も、ライブやコンサートの現場で育ってきたんだ、その現場を守ることはどうやったらできるのだろう。


とか思ってるだけじゃしょうがないんで、今日も感染症対策しながらライブのハシゴ。

レポは2週間後にアップします。

この記事へのコメント