外山安樹子トリオ@本八幡

土曜日、

外山安樹子トリオ@本八幡。トリオとしては初出演、ということで楽しみにしておりました。
120553544_1762275713911961_5589655359399124360_o.jpg

外山安樹子(pf)関口宗之(b)秋葉正樹(Drs)

一曲目、圧倒的なテクニック、アップテンポのThe end of love afeaからもうびっくり!

アルトの吉野ミユキさんのカルテットでよく聴かせていただいていたピアノですが、リーダーとなるとその力強さがぐいぐいと伝わってきます。

オリジナル、はじまりの秋で厳しいピアノの先生の思い出話をされる外山さん。なるほど、こうして基礎の技術を磨いてきたのか、と納得。アスリートのよう!

ブルースディスカバリー(仮)も元気なオリジナル、スタンダードI fall in love too easily をはさみ、bassi samba。秋葉さんのキレのあるドラムも素晴らしい。

セカンドも外山さんの愛するミッフィーの曲、Miffi 's walk、To the end of earth

アレンジの効いた紅葉からの枯葉、凄腕さが炸裂してました。
120799048_1762275447245321_3280637344368018958_o.jpg

タイトル未定の新曲、Towards 11th。関口さんのベースがグルーヴィ。圧巻でした。

アンコールは札幌の出身の外山さんの思い出、北大のポプラを描いたポプラ並木の一年。

cool jojoの常連さんも何人も。たくさんのファンの方が拍手を送っていましたよ。

この記事へのコメント