石若駿(Drs)×アーロン・チューライ(pf)

日曜日、昼ピット。

この6公演の中で、予約締め切りにならなかった唯一の取り組み。でも、スタート時間にはお客さんびっしり、満席でした!
テラモトさんたちもいらしてた。
120917970_1768911056581760_2724482230267079801_o.jpg

石若駿(Drs) aaron Choulai(pf)

という訳で金曜日夜は石若さんのピアノと作曲に酔ったわけですが、

今日アーロンのピアノを聴くと彼から多大な影響があるのがよく分かる。

(もう一人の影響大なピアニストはこのあと聴いた!)

1セット目は切れ目なしの1本。

テンポも拍子も水の流れのように変わっていく、でも完全にシンクロするドラムとピアノ。

この6公演のフライヤー写真はアーロンが撮ったのですって。
120943786_1768450869961112_7752347485105583716_o.jpg

そして石若さんが家の鍵をなくした話、からはじまったセカンドセット。

どこかで聴いたことがある、そんなシンプルなメロディが不思議なコードの中でふわふわ浮き沈み。賛美歌はアーロン歌ってた。
121003972_1768451559961043_1582876478672113954_o.jpg
アンコールは石若さんのお友達のダンサーが即興で参加。菅原小春さんみたいな、音と共に不思議な動きをするダンス、凄いなあ!

石若さんの周囲に才能が吸い寄せられていくのだな。

北海道から来て高校生の時、このピットインのステージで石若さんと共演したドラマー、高橋直希さんが聴きにいらしてたんで一枚。
120911667_1768451613294371_5193661271172476026_o.jpg

さて、今夜のBoys については次の記事!おやすみなさい。

この記事へのコメント