堀江Newカルテット

火曜日、

という訳で堀江洋賀(g)カルテット。

まあ、贔屓なんですけど…やっぱりうひょーでしたわ!

堀江洋賀(g)柳隼一(pf)千北祐輔(b)柵木雄斗(Drs)
117721546_1713206965485503_691863747007560815_n.jpg

ドラム、ベース、ピアノの入った堀江カルテットは、それこそ15年前くらいよく聴きに行ったのです、メンバーは全く違うけど。その時のまっすぐ曲に立ち向かう的な姿勢は同じ。

その時もそうだったけど、誰もやらないような曲が何曲か入るのだ、、

ハービーのドリフティンからスタートすると、ませきさんもちぎたさんも楽しそう!

オリジナルCm waltz 、レッドマン、かくれんぼ。
117192275_1713206925485507_6754600010955161182_n.jpg

そしてハンプティダンプティ。コレはドラムもベースも手練れだからこそ、のカッコいいキメが爽快。

セカンドはオリジナルSet sail 86、ブラジルのギタリストのアラベスカ(これがなんか一筋縄でいかない凄さだった)お馴染みオリジナル二人乗り、スタンダードYou stepped out of a dream、ときて、
117335281_1713207175485482_8074565100799738930_n.jpg
ラストはオリジナルMy wide country。シンプルなコード進行の曲がアンサンブルで重厚に広がっていく、、お見事!!

アンコールはドナリー。余裕で自由に遊ぶように弾く、最後突然4小小節スピードアップ、ぴたりと終わる。ジャズマンだな彼らは。

マスターが、「爽やかだね」とおっしゃってたけど、いや、実は結構毒がきいてますぞ、、小沼ようすけ氏が言ってましたが。

聴き逃した方、次回を待ちましょう!!

この記事へのコメント