13年目のジュースと才能

火曜日、

だけど夏休み、家籠り中。

少しずつ冷蔵庫の整理してるんですが、ついに13年前の冷凍ジュースに手をつけました。

アイスには賞味期限がないって、、

しかし。。

不安…
117401782_1712766345529565_1032443261280346577_n.jpg

一応お鍋で3分くらい沸騰させて、コアントローも入れてゼラチンで固めた!

朝ごはんに食べたけどお腹は大丈夫そう。

実は美味い。
117444959_1712766338862899_3881738573567095207_n.jpg

お昼はついにクーラーつけた。

生き返った。

地球温暖化対策でなるべくクーラーなしで過ごそうと思ってるんだけどな、まあいいか、、

昨日の残りの餃子、賞味期限の納豆のスパゲティ、大葉と塩昆布がアクセント。

熱中症対策のカンパリソーダ。


取り合わせがめちゃくちゃだわ。でも身体によい(と思う)
117184305_1712766382196228_1091976852741391026_n.jpg

ところで、

先日、まだ10代のジャズピアニストのライブを見に行ったら、お店のマスターに

「ライバル、とか思わないの笑」

といわれて、その時は笑っちゃったんだけど。

なんか気になってた。

もし、自分が「演奏する側」の人間なら、どれどれ、腕前をみてやろうじゃないの、的な気持ちの方が強かった、と思う。

でも、自分は「リスナー」なのよ。

(同じようにライブに来ていても、ご自分で演奏される方には一線退いてしまう、会話に入れない)

自分は15年くらい前、20歳になるかならないかのミュージシャンの才能に出会ったことで、どっぷりジャズライブ通いにハマった。

ライブハウスに行くと、本当に若い才能だらけ。素晴らしい人だらけ。


「スタートが違うんだから比べても仕方ない」

「天才と呼ばれる若者は多いが天才と呼ばれ続けることは滅多にない」


って、感じてます。


大事なのは天性の才能が、いかに多くの人に認められて、そのことでたくさんの人が音楽や、芸術の世界の奥深さに触れられるようになるか、なんだ。

さっ、今日はライブ行くわ。15年前から応援してる才能が今日はどう開くか。

この記事へのコメント