「夏休み組曲」プレレコ発@in F


水曜日、

ついに出ました!

堀江君のリーダーアルバム。

というわけで、プレレコ発!


堀江洋賀(g)谷川賢作(pf)吉野智子(Vib)
0D4C8214-4FCC-438C-B11B-70AF5AD84F0B.jpeg

谷川賢作さんと一緒にレコーディングしたというだけで、もう感無量なワシですが(14年+10年くらいの歴史あり、この仕事してて堀江くんに会わなかったら今のワシは別の人生を歩んでいたでしょう)、こうして形になってたくさんの方に届くであろうことが嬉しいったらありません。とはいえワシはプロデューサーでも出資者でもないのですが。

この日、家を出る10分前にCDが宅配で届いた、という堀江君、、ややや、なんか持ってるよなあ。


賢作さんの個性的な優しいピアノ、素敵な吉野智子さんのビブラフォンがまたイメージぴったり。



まずはアルバム一曲目の「宿題」、「鳥のワルツ」、かくれんぼ、My worries (私の心配事)。そして見事なユニゾンの「蚊の飛行」。



セカンドは星のワルツ、突然のスタンダード There is no grater loveヒロくんの大冒険。

このアルバムのタイトルでもある「夏休み」、アンコールに「二人乗り」。


堀江オリジナルはどこか懐かしい、耳に残るメロディ。でもどこか捻りがあって一筋縄でいかない感じ。


ショーロの「蚊の飛行」で圧倒的な技術も。


賢作さんのホームグラウンドでもあり、堀江くんも度々出演しているこのin Fでレコ発第一弾。なんだか不思議でありがたいご縁です。

賢作さんのユニット「もこもこ」のヴォーカリスト寝占さんもアンデスとスキャットで一曲参加されてました。ライブのあと、ヴィブラフォン大会になって盛り上がっていたのも何とも楽し!

4EEFCFEF-26C6-4DAF-B09A-3EBB4E35E921.jpeg


ギブソンギターコンテストのタイトルを持つ堀江くんですが、その音楽は多分、ジャズという括りではありません。うーん、、、説明しないほうがいいだろうな、是非聴いてみていただきたい。


次回プレレコ発は8/21@本八幡cool jojo でございます!




この記事へのコメント