Chamber music trio@稲毛Candy


月曜日、

なんともしょぼ〜んな三月のスタートでしたが、夜は楽しみなChamber music trio@稲毛。

石井彰(pf)須川崇志(Vc)杉本智和(b)

このトリオ、先月吉祥寺でも聴いたけれど、やはり10人くらいで丁度いいこの空間で聴く贅沢さは格別。うわー、チェロとベースの生の音が正面からぐいぐい聴こえる。(2ndからはカウンターに移動しましたが)これぞ室内楽!!



サイレンシオ、カーラ・ブレイのSing me…フラッグス、Selimからの男の道!

F1E0E795-FFBA-4584-ABBE-26098FBCDD8D.jpeg

Intermission musicからスタートしたセカンドの3曲目、ピアノの優しい音色のイントロからのジョン・レノンのLove

あっ、この音はどこかで

ビートルズとキースの大好きな谷川賢作さんのピアノみたいでもあり、ボブ・ディランを弾く允彦さんの音のようでもあり、、とにかくこの音が好きなんだ、自分。ジャンルが云々じゃなくて、、

そして聴く度に違うオリジナルのDawn からの菊地雅章さんのPastel。 夜明け前の風の吹き荒ぶモノクロームの海辺に、陽が色を加えていく情景が見えるようなのです。

F205C0D2-3C42-4CD1-928F-B5431E888043.jpeg

音を聴いて、いのちが吹き込まれるようです。理不尽さに不満をかかえ鬱々としていた一日が幸せに締めくくれる。大勢で集まるのがダメでも少人数で幸せな音楽を聴かないと、ですわ。


この記事へのコメント