「石井さんと金澤さん」

水曜日、

ノー残業デーなので時間潰しをして地元セッションに行くか、まっすぐ池袋に行くか迷いましたが、ピアニストいっぱいだろうなと思い池袋直行。

石井智大(Vln) 金澤力哉(b)

70C65791-550B-449D-815E-A7FC3A4CA3B9.jpeg

電車が若干遅れていて一曲目始まってましたが、やはり!な選曲

The Edge of the world」。バイオリンとベースにぴったりだなあ、、

そして力哉さんのオリジナル、夢に溶けて、智大さんのケラスス、ニンバス、などなど。

ポーランドの作曲家の「First waltz」も智大さんのレパートリー。

曲を追うごとにぐーっと会話が深くなる感がありました。さすが、20年くらい前に日野さんのライブのミュージシャン楽屋で遊んでいたという仲。凄いよね。

お客様は智大さんのお友達の若い男子ミュージシャンが何人も、Rさんとワシはむふふ状態でございました笑

91E33BA1-C786-4D3F-8EAE-F8D0B7A6396E.jpeg



セカンドスタートはSolar。

そして力哉さんのファンキーなオリジナルLSE(ラグジュアリースーパーエクスプレス)、智大さんの振り子(ペンデュラム)、何度も智大さんのバイオリンで聴いているクオヴァディス、やはりこの二人ならでは。ピアノの蓋が空いていたのが気になっていましたがここで活躍⁉︎

EAAE52D2-CFDF-4963-936F-D98AD4982173.jpeg

自由でエネルギーにあふれていてわくわくしました!


そしてラストが裏二重奏でもよく演奏するMaria Heartman,Maria Heartman、だったのがちょっと笑っちゃいました、(もちろん美しい曲ですが、)うーん、やはり「石井さんと金澤さん」。

なので、Rさんたちと「神の羊」行っちゃいました!

さあ、明日は裏二重&宮野弘紀さんだ〜。


この記事へのコメント