2019最後のPlume 2

土曜日、久々のPlume2!
2019年今年最後のライブ。
ワシが一番長く聴いているユニットであります、2006年からだから14年目か!!

五十嵐友洋(g)堀江洋賀(g)

427E2E10-6C35-48CC-986E-20F08B78367D.jpeg


堀江オリジナル Awaking 、ロイ・ハーグローブのストラスバーグセントデイズ、マーカス・ミラーマプート.やっぱり選曲攻めてます。
相変わらずのゆるいMC が素敵、1stラストの「洗濯のできる日」のあと、柔軟剤の話を始めた五十嵐さんをそのままおいて休憩しまーす、と堀江くんが言っちゃう、この絶妙なズレてる感じが楽しいのです。

もちろんギターは二人ともめちゃウマ、常連らしいお客さんが、すげえ、と呟いていた。でも、それを感じさせない程、淡々と美しいのです。

セカンドでは、最近堀江くんがよくやるというギンガ風のヴォカリーズ入りのオリジナル、また聴けました。
名曲「月夜」、五十嵐さんの一昨日できた無題の新曲そしてジスモンチの「7つの宝石」!
ラストは五十嵐さんの朗らかな秋空。癒されるわ〜。
アンコールは変態アレンジのサンタが街にやってくる、だったのです、

ああ、次のライブはもう2020年!
8DC32464-9C56-4D76-B2C6-943B9FD022C3.jpeg

五十嵐君は柔軟剤の話の続きはまた次回のライブで、と言ってましたわ。



この記事へのコメント