メロメロートーン

土曜日さらに続き、
池袋、お誘いいただいた菅野ヒロヤスさんのライブをセカンドから。

菅野ヒロヤス(Vo) 須古典明(g)

客席はお見かけしたことがあるヴォーカリストさんでいっぱい。リスナーは自分ともう一人だけかな?

ギターは須古さん、やはり素晴らしいガットの響きです。
選曲もそれを意識した「椰子の実」、
スティングのナンバーや、
「もし世界があなたのようなら」「百合の花」などなど、素敵でしたね!
恒例須古さんのソロは「素顔のままで 」をスイングで。いつもながらセンスの良さを感じます。IMG_8938.JPG

ラストは In a mellow tone、ちょっぴりメロメロで、飾らないすがちんさんの姿がほほえましく、楽しかったですわ。
アンコールはDanny Boy。

さて、ご挨拶はそこそこに、P's bar にも出演している若手ミュージシャンの応援の為ハシゴ。リスナーも辛いのよ。

この記事へのコメント