戒能光司(g)ニュープロジェクト3

土曜日、池袋から中野、なかなか行きづらくて、お店に着いたら22時。

戒能光司(g)石井智大(Vln) 高橋佑成(pf)

お客さん結構いて(池袋と同じくらい)ほっ、としたけど、何やら様子がエレクトリック。ソファに座っていたマスターがまだ2曲めだと教えてくれた。
IMG_8946.JPG
なるほど、新しいプロジェクトをはじめる、というのは、そういう方向をやろう、ということか。
今まで師匠の井上銘(g)さんのスタイルを目指し、松尾由堂さんや堀江洋賀さんといった職人技的ギタリストさんと共演してきた方向性とはちと違う気がする。

曲は智大さんがよく演奏するヴァイオリ二スト、アダムの曲やラリー・ヤングのブルース。ノイズやエフェクトを多く使っていた。
ラストは戒能さんのいつものオリジナル「夢と思い出」。佑成さんのキーボードでのバッキングの上手さに目を奪われました。

若く才能ある人たちはお互いの個性をぶつけながら新たな表現を研いていくのだな、、
リーダーの戒能さんはこのトリオの中ではちょっと年長、しかし演奏キャリアはあとの二人が圧倒的に濃い。戒能さんが自分の個性をどう開かせていくのか、これからも注目することにしましょう。

この記事へのコメント