パット・ラ・バーベラカルテット@Pit Inn

金曜日、
いろいろ追い込まれていますが、ライブに来てしまいました。
素晴らしいに決まってると思ってましたが、やはりとんでもなく素晴らしい「ジャズ」でした。

Pat La Barbera(Tsax) 石井彰(pf)金澤英明(b)江藤良人(Drs)

IMG_8919.JPG

スタンダードナンバーが全く違う輝き、一曲目、一瞬なんの曲か分からなかった、しかしよくアマチュアセッションでやるI 'll close my eyes だと気付いて鳥肌たちました。
本物!パットさんの、まっすぐな音。
Blues, I fall in love to easilyももちろん圧巻。

そのパットさんが、石井さんのオリジナルFor Billを演奏!!
ビル・エヴァンスの最後に一緒にいたドラマー、ジョーさんのお兄さんが、ですよ!?
石井サン、といってマイクが渡され、石井さんが曲の説明をする。そして、エヴァンスのような美しく複雑なイントロに続きあのメロディーが、王道スタンダードのようにパットさんによって吹き鳴らされる、、、ナカマ先生ではないけど号泣ものでした…名曲じゃー。

このセットの最後はCaripso。なんて楽しいの!!

セカンドはモンクのWe see、Soul station 。客席が一気に熱を帯びます。
美しいバーモントの月、キュートなタッド・ダメロンの曲。
ラストのEJ Blues 、アンコールのNostalgia までぐいぐい引き込まれっぱなし。
火曜日お会いした美人実力派ピアニストさんが最後まで客席に残っていた。彼女は金澤さんと近々Duo をするそう。既に金澤さんと共演している同門のピアニストさん、先日ライブにお伺いしたヴォーカリストさん、他にもミュージシャン多数、外国の方も沢山いらしてた。
ご一緒したR さんと凄かった〜、といいつつ、補助席まで出ていた会場を後にしました。

ピットインなので写真はこれだけ、急いで一枚!IMG_8922.JPG

さて、実はパットさんの演奏を聴いて感銘を受けたのは3回目なのです!


https://kani291vinorosso.at.webry.info/201602/article_20.html

https://kani291vinorosso.at.webry.info/201602/article_20.html
またいつか、聴けたらいいなあ。。

さあ、明日がこの先1カ月の山場の中でも一番やばい山。早めに帰って支度せねば。

この記事へのコメント