松丸契 blank manifesto

火曜日、

何となく、JAZZ聴くものとしてこれは聴き逃してはいけない気がしておりましたので。

下北沢でやった時は聴けなかったからリベンジでもありましたし。


松丸契blank manifesto

ft. 角銅真実


松丸契(comp,as,ss)

須川崇志(b)

石若駿(dr)

角銅真実(vo)


前から2列目に座り、振り向くと既にお客さんいっぱい、中には有名ミュージシャンの姿も。多分、自分は名前を知らないミュージシャンもたくさんいたのだと思います。

昨年の石若駿3DAYSの最初に聴いたSMTKが初共演という、あのびっくりから一年経っていない、

IMG_8716.JPG

ドラフトno.1

IJD ka DJI,

Blank manifesto 1

ここから角銅さんが入り、Untitled


セカンドはドラフトno.2

"where are you from,from?"

Blank manifesto 2

最後はハルシグレ、アンコールはparsley Sparsely。


リズムだとか、コードだとか、テンポだとか、なんかそういった約束ごとや枠がない世界で音が反応し合う。ご一緒したRさんとこれは現代アートですね、と話しておりました。

しかし何と自由に果敢に絵を描いていくのか。というか形のない絵だな。。


たとえばサックスの音が2つの高さの音を点描行き来するのをぼーっと聴いているうちに音の渦巻きに飲み込まれている、、という感覚、知識で聴く音楽を拒否してるみたい。


こりゃ何とも凄いんですが、松丸さんの英語の部分は本格的なのに、少年の様な控え目な話し方にぐっときちまうのです、ワシ。

IMG_8715.JPG

さーて、来月のBoys &THINKKAISM のチケットも購入。

IMG_8713.JPG

Rさん予約ありがとうございます!

楽しみだなあ!

この記事へのコメント