ギターとピアノが好きなんだ

水曜日、

今夜は西荻でも新宿でも麹町でも素晴らしいギタリストがライブ。

でも、ワシ、今ギターとピアノのDuoというのが気になりっぱなしなのです、いやもちろん元から好きなのですけど。

で、最初から手帳に書いてあった下北沢に行ってしまいました。初志貫徹。

粟澤博幸(g)石井彰(pf)
IMG_8315.JPG

お店は粟澤さんのフォロワーの方で満席、(その中にも知り合いの方がいましたが)その中に秋田からいらした、Pit Innの允彦さんライブでお会いした方が!石井さんのピアノが聴いてみたくて予定をみたら今日しか合わなかったのだそう。

今夜のライブはBeautiful love から。

IMG_8317.JPG

そしてそのあと粟澤さんのオリジナルが続けて演奏されました。題名はついていないものばかり、先程自分が見ていたような3段譜?にはピアノのパターンが書かれているよう。

なるほどこういうやり方もあるのだな。


2nd setには今月やはり石井さんとduoをするギタリストの古市さんが飛び入りで粟澤さんとDuo2曲、

IMG_8322.JPG

そのあと秋田からの方のリクエストに応え石井さんのソロ!曲はなにか分からなかった、ちょっと聞き覚えあるバラード、でも曲は何でもいいんだ。ピアノソロになると石井さんのカラーがばーん、とあたりまえだけど出てくる。

うひゃー。

この方、途中でギタリストさんはプロなの?安カ川さんのトリオに行けばよかったかなあ、とかこれからイントロに行こうかしら、とおっしゃってたので、、、よかったですなあ笑


セッションでお会いする顔見知りのアルトの方やベースの方もおお、これは!と驚いてらしたわ。

そして粟澤さんも石井さんも譜面を見ずにがっつり演奏したMy funny Valentine I hear a rhapsody 、粟澤さんのギターの音色の豊さ、味わいが素晴らしい。聴けてよかった〜!

オリジナルは確かに大事だけど、えーっとどんなだったかな、と言いながらやるのは本来ではないのでしょう。その点、しっかり覚えているスタンダードのほうが個性が分かったりする。肝に銘じる。

さて、実は明日も下北沢へ行ってしまおうと目論んでるわけです。


この記事へのコメント