きくちゃんりきちゃん It's a Small World

月曜日、

だけど、ウチから2時間弱の世田谷線松原駅前ブランコ。

きくちゃんりきちゃん「Its a small world 」であります。

菊田茂伸(b)金澤力哉(b)

4B3E4F9D-53AA-40A0-9FB6-E3835C194115.jpeg

(運動会、謝恩会、クリスマス会、仁義なきたたかい、小さなせかい、、)

実は2年前の夏、この二人が演奏する、と知って、おおおおー!これはっと出かけたのでした。

その時はファースト聴いて中野にハシゴしたのよねえ、、だってすごく遠いんですもの、どこか寄らないともったいないし、と思ったら紅介さんが中野でやってたんで寄ったのだった。


でもなぜかやはりきくちゃん(菊田茂伸)りきちゃん(金澤力哉)のライブが自分にとって面白かった。


ちょびっと歳の離れた彼らの間には物語がCあって、その登場人物にすこーし自分が関わってるのが面白いんだ。これがジャズライブ聴く楽しみでもあるのだな。


いつか、夏休みなら聴きに行けるのになあ、といったのを、きくちゃんもりきちゃんも覚えていたのでした、今月別々の場面で会ったときそれぞれから夏休みなら、って言ってたでしょ、と言われる。ひゃー、嬉しい。覚えてたんだ。


本当に見てるとワクワク楽しいDuoなのです、合奏してるというより二人のお喋りがそのまま音楽になってる。

Moon glow Corcovado 、力哉くんオリジナル「139」。今はなきスイートベイジル139に、ベーシストであるお父さんが参加するライブに連れていってもらった時の思い出話が面白かった。

IMG_8573.JPG

セカンドはなんとIt's a small world D♭waltz で、ボラーレ、イノセントワールド。

最後まで聴いていると終電あぶないと22:22の世田谷線で帰ることに、、

35CB97A4-4800-4923-B576-20A58116D54A.jpeg

仕事が増えてきたお二人、いつかきくちゃんりきちゃん同窓会が開かれるとよいなあ。

(できれば夏休みでお願いします)

この記事へのコメント