スモーキートリオは羊付き

木曜日、
東西線のトラブルで快速がなくなっていてスタートに間に合いませんでした、、、
が、カウンターに席をとっていただいてありました。ゆうこママさんありがとうございます!

小島のり子(fl)石井彰(pf)金澤英明(b)

すでに筝奏者真由子さんとそのお嬢さん(ジンギスカン初体験だったそう)、Rさん、Oのさんも。ファンの方でカウンターはいっぱい。

さて、このスモーキートリオ、裏二重奏な二人が自由過ぎてそこに小島さんのフルートがどうくいこむか、とドキドキわくわく、と聴かせていただきました。
最初の曲Alone Togheterの終わりから引き続いての軽快なSomeone like be in love。
IMG_8508.JPG
曲名は言わずの進行、次の曲は何かしら、と集中していると、突然「川の流れのように」が聴こえてきたり、、
そんな中、小島さんのオリジナル花の香、清々しい。
ファーストセット最後のBody and soul、濃厚なサウンドで美しかった。

セカンドセットのWhat a wonderful world 、Waltz step、Round about midnight なども一筋縄で行きませんでしたなあ。
ラストはIsrael。

P's barは音がストレートに聴こえてたっぷり浸ることができるのですが、ビールがワシの好きなサッポロ黒ラベルに変わるそう。で、ちょっと値下げだって。消費税とともにチャージ上がるのは致し方なし、ですがちょいとこれはうれしい情報。
IMG_8512.JPG
アフターはRさん、Oさん、小島さんとちょっと羊。のわりには腹一杯、、
(途中、石井さん金澤さんがのぞきに来て大笑い)

そして帰りの東西線もポイント故障でウチについたのは25時、、参った。
今日はのんびり出勤しよ〜(どうせ年休をとってある)

この記事へのコメント