それは秘密の時間

画像金曜日、、
眞壁えみさんの世界。堪能いたしました。

眞壁えみ(歌、三味線、作曲) 石井彰(pf)

全てオリジナル。静けさと透明感があり、未知の色合いを持つ曲たち。石井さんのピアノの色も溶け込むようで素晴らしかった。
真壁さんが最愛の夫に捧げました、というAnniversaryのしみ入るような優しさ。

ウィリアム・ブレイクの詩「えんとつそうじ」につけられた曲の不思議な、聴いたことがないのに懐かしい感じ、、しかし、現実離れした、素晴らしい音でした。

3年ほど前に聴いたときより、さらに自分の世界になっていたように感じました。
https://kani291vinorosso.at.webry.info/201609/article_6.html

多分、このライブに足を運んで居合わせなければ、このシーンは目撃できなかったろうなあ、いう瞬間が。それは絶対秘密だけど。
ああ、聴けて幸せだなあ。
画像

NYC と同じような70分ワンセット。集中して聴いた~~
今夜は写真はNG。
ご一緒したヴォーカリストかんたろさんと久々の餃子、も楽しでありました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック