二度目のTime Remembered

画像土曜日、
エヴァンスのTime remembered、2回目。

もちろん映画をもう一度みたい、ということはありましたが、何と言っても、二重奏(金澤英明さんベース石井彰さんピアノのDuo ユニット名)ライブ付き。

平日水曜日の10時からチケット発売、ということで諦めていましたが、なんと、コバ吉さんがおさえてくださったのです。昼までの仕事を早く終え、人混みかきわけ渋谷駅からNHK近くのアップリンクへダッシュ!コバ吉さん入り口にいらした!間に合いました、、

入ってびっくり、吉祥寺でもお会いした裏二重と共演されてるヴォーカルの方、火曜日石井さんのライブでお会いしたお二人連れ、リスナー大先輩Sさん、そして裏二重とCDもリリースしてるヴォーカルのかんたろさん、となりは石井さんのライブで時々会うピア二ストさん、皆さん裏二重狙いね。

映画は、レコードを繰り返し聴くような、新たな発見と確認があって、やはり観てよかった。

Very early やBlue in green はテーマの最初の部分だけ、何度も繰り返し使われている。
ラスト間際、Debbyが墓碑に口付けし、ビルの声が聞こえてくる気がする、と語るシーンの直後、How my heart sings を演奏するエヴァンスの映像が流れる。この音楽の使い方は凄い。。

と思っていたら、裏二重奏登場して一曲目はHow my heart sings !やるなあ。
ところが石井さん、弾き終えてMCで、「今の曲は映画でやってなかったですよね?」
『やってた~やってた~』とかなり大きなささやき声で言ったのはワシだけ?笑

金澤さんの自在なソロ、石井さんの音使い、エヴァンスそっくりながらもこの二人ならでは、のペリズスコープ、ジェイドヴィジョン、そして石井さんオリジナルFor Bill。エンディングにWaltz for Debbyのモチーフがちらり、とあらわれる。大きな拍手。これで終わり?と思ったら金澤さんが無言でG線のハイポジションをぽん、と弾くと 石井さんがおっ、と振り返り、瞬間 Waltz for Debbyがはじまりました。きゃー裏二重奏の醍醐味!画像

はじめて裏二重奏を聴いたというコバ吉さんも、よかった、とおっしゃっていた、お一人でいらしてたかんたろさんにお声かけて、延々と飲みつつ続くジャズ談義。

ボサノヴァバーが閉まっていたので、近くのクラフトビールのうまい店、(店長さんが私たちの会話をきき、話しかけてきてくれました、お友達があの大口さんの息子さん!)そして駅近の焼き鳥屋さん、とハシゴ、いやー、よくしゃべった!
幸せな土曜日の午後でございました。

(少々飲み過ぎですが、、)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック