酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Tursday Night Sextet

<<   作成日時 : 2018/10/11 00:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像水曜日、
神保町の、まだ4回目のライブバーへ。
職場からは近い方だけど、DuoとかTrioとか小編成のバンドを聴くことが多いので普段あまりチェックしてない。でも今日はずっと気になっていたあのバンドのレコ発。
近くてありがたい。


Tursday Night Sextet: 山口裕之(b) ませひろこ(SSax) 吉野ミユキ(Asax)かみむら泰一(Tsax)紅野智彦(pf)公手徹太郎(Ds)



以前聴いたベース山口裕之さんのリーダーバンドはトロンボーンが入った3管編成。歌心あふれるオリジナルの数々、アレンジのカッコよさにぐいぐい惹きつけられました。
その後CDが出てじわじわとあちらこちらから絶賛の嵐。
ミュージシャンの方たちには別のライブでお会いしたりしてるんだけど、やはりレコ発で買うのが筋だろな、とこのスケジュールがわかった時メモっておいたのでした。

いやあ、楽しかった!
swingするCobb's moodからスタート、ボサノバの「こもれび」歌詞つけたら楽しいかも、な歌いたくなるようなメロディ。インサイトという紅野さんをフューチャーした曲もかっこいい。
そしてCDにも入っているAwakening,これは収録されていないTettarogy(だったかな?)。

セカンドはSynchronistyから。
画像
「酸いも甘いも噛み分ける」オトナな曲Sweet and sourの吉野さんのソロの迫力、タイトル曲Inner perception、バラードAt that time のかみむらさんの美しい音色、ため息が出るようなところも沢山ありましたが、なんといっても最後の3拍子とアップテンポの4ビートが入れ替わる Anothr point of view 。ちょっとBig Birdみたいなハーモニックなサックスチームがカッコいいったら、でした!!
画像

アンコールはOnce in a bluemoon.
客席も大盛り上がりで、さとこさんはじめ女子バンドのお仲間が盛り上げること盛り上げること。ヒートアップしたラストもよかったけど、ピースヌーという山口さんの愛情こもった曲が素敵ったら。
あー、いいもの聴いちゃいました。
JAZZ情報誌やSNSで噂のCDも手に入れました、楽しみに聴きますぞー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tursday Night Sextet 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる