越後妻有トリエンナーレ2018(1)まずは食べる

火曜日、
年休取って越後妻有トリエンナーレへ。今回は一泊の予定。
案の定寝坊して、家を出たのが6時半過ぎ、既に県道は渋滞が始まっていました。

しかし、外環が延びたおかげで、10時前には関越に。ありがたや。
画像
予定では塩沢石打で降りるはずが、SAでお昼食べてしまおうと思ったので不注意で降りそびれ、次の六日町まで10km走っちゃった。

しかしこんなポスターにであっちゃったんだから注文しないわけにはいきません。。

画像

画像


というわけで@妻有。
宿は十日町駅近の一泊朝食付き極安の宿なので、夕食がてらふらふらと飲みに街に出てみました。

3年前来た時には十日町の大祭りとぶつかってあやうく食いはぐれるところ、地元の常連さんだらけの居酒屋のカウンターでイカゲソと蕗味噌で松ノ井生酒だったのでした。
あの時入ったあの店は、、あ、やっぱりある!
https://kani291vinorosso.at.webry.info/201508/article_40.html
しかし別にまた入らなくてもいいだろう(笑

この辺にいい感じのお店あるなあ、と思ってた、駅からすぐの横道あたりに行って、表に出ているメニューをあれこれ見てたら、、
「十日町産枝豆」!
画像

これ!これです。これっきゃない。
画像

めっちゃ甘い、美味しい!しかし量が、、半分くらい持ち帰りにしていただきました。
その分、ごはんものでも、と思って頼んだキムチなし、妻有の野菜たっぷり、地鶏のビビンバがやはり旨し。まず米が美味いのですよね。小盛りにしてもらったけど。
画像


そして、芸術祭のパスポート提示するとソフトドリンク一杯無料でした。わーい。

えーと、この日観た作品についてはまた後ほど。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック