「シンプルの正体」展

画像日曜日、
「シンプルの正体」へ。

前日まであれこれ洗ったり捨てたりピアノでれでれ弾いたり、昼寝したりして連休らしく「休んで」ましたが、fbの繋がりのAさんが行ってきたというレポをあげていたのを読み、会期が月曜日まで、ということで、これは行かねばならぬ、と心を決めました。「題名のない音楽会」が終わったらすぐに家を出ました。

11:00頃、デパート8階の会場へ。お昼前なので空いていた気がします。

自分の一番古い記憶にあるブルーナさんの絵本は「うさこちゃん うみへいく」。

シンプルに描かれた貝殻や、波。
その色と形は懐かしいけれど、新鮮な感覚も呼び覚ましてくれるようです。
展示が工夫されていて、絵本のページが動画のように連続して映し出されるコーナーとか、思わず何度も繰り返し観てしまいました。

画像ペーパーバックの表紙のコーナーは、色と形のリズムがあり。ストレートに語りかけてくる。
シンプルであるということの強さ。

ブルーナさんがミッフィーの輪郭を描く映像も上映されていていて、なんだかしんみりしました。

そして、やはりAkikoさん言うところの「危険なエリア」にやられました(笑)
それでもクリアファイルとポストカードで我慢したんですよ。。。

で、母の日プレゼントを買って、噂のアートを見物して、本八幡へ向かいました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック