Plume2「 I remember it」レコ発

金曜日、続き。
池袋のライブスポットを1stセットで失礼してJRに乗り、小岩へ。

これが意外に時間がかかった。
小岩に到着したのは22時過ぎ。
しかし、予想した通り、お店は満席、立ち見も。旧知のギタリスト本間君が席を譲ってくれました。ありがとうございます。画像

Plume2 五十嵐友洋(g) 堀江洋賀(g)

そして演奏はラストのブルースの後テーマのあたり。。。やはり遅かったか。
しかし、アンコールは、なんと懐かしの堀江オリジナル「Nude」でした。ああ、爽やか。
シンプルな曲だからら今聞いても古びない。

そして、ライブ後はCDにサインしてもらう行列が!
自分も並びながらお会計をすると、ご主人が、ビール代だけでいいですよ、いつも来てくれるから、と言って下さる。うう、すんません。(で、ビール立て続けにもう一杯お代わり。)


さて、というわけで新しいCD入手しました。サインもしてもらった。
画像

(ちと昔のサインと並べてみた笑)
今回のアルバムは、自主制作だった過去三枚と違い、BITのレーベルから出ていること。Amazonにものってるので是非ご覧いただきたい。
http://www.amazon.co.jp/I-Remember-It-Plume2/dp/B00KCJF8UQ/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1406425230&sr=1-1&keywords=Plume2

帰宅し、早速聴いたら、これが予想通りいい!予想以上に完成度が高い。音も素晴らしい。
彼らがライブで演奏してきた各々のオリジナルは、充分味わいが引き出されている。

それぞれの曲についてはライナーノーツが付いているのでそちらを見ていただくとして、堀江君の海をテーマにした二曲を聴き比べてみると、ギターの技術をひけらかすのではなく、ギターで一つの世界を描き出そうとしていることが伝わってくる。五十嵐君のメッセージ性のある、歌詞をつければポピュラーソングにもなりそうな楽曲も然り。彼らはギター二本で表現することを楽しんでいるのだ。

思い返せば10年、時々ゆったりとした流れになりつつも途切れずに活動してきた二人。
真っ直ぐに音楽に関わる姿勢にどれだけ励まされてきたことか。

あの時に彼らのライブに行って、そうだ、自分もブログを書こう、と思ったのでした。少しでも彼らの情報が伝わったらいいな、と思って。
http://kani291vinorosso.at.webry.info/theme/4a97f53fb3.html
当時のユニット名はmint jam (その前はTio Pepeでしたっけ)そしてGreen peasに変わり、現在のPlume2になって現在に至るわけです。

こうして自分も音楽に関わっていられるのもこの時の出会いがあったからだなあ、彼らとの出会いが沢山の人との出会いに繋がっていったのだなあ、と感無量なのでありました。

でも。まだまだこれからですぞ!さらなる飛躍を。自分も頑張る。

この記事へのコメント

ほりえ
2014年08月03日 00:53
カニ先生、ありがとうございます!!
なんだ最初から応援し続けて頂いているカニ先生の文書、なんだか感慨深いですね。しみじみ…。
まだまだ足りない事ばかりですが、頑張ります!
いつも本当にありがとうございます!!
かに
2014年08月03日 09:15
ほりえくん、CDリリースおめでとうございます!
毎回こうしてコメントを書いてくれるのがとても嬉しいです。ファンの方たちもきっとそんな君達を応援して下さるのでしょうね。
それはともかく、このCDは素敵ですね。
たくさんの人に愛される作品だと思いますよー。
そしてまた新しい曲も楽しみにしております!!

この記事へのトラックバック