小岩で一息

もう、何曜日かわからなくなるほど追い詰められてる年度末。
金曜日の日記。

まずは仕事の愚痴から。
とにかくうちの現場は人手が足らない、なのにトップが今年も年休を使いきれなかったなあといいながら定時で退勤、月曜日に配る二百枚以上の書類のハンコを押さずに帰ってしまいました。しかも、次年度の配属も発表せず。ま、自分は異動なんで心配しても仕方ないのですが。
同僚もみなあきれるのを通り越し、「長年やっていてこんなことは初めて」と言いながらトップの代わりにハンコ押し。週末だってのに20時になっても帰れずふらふらでしたよ…

まあ翌日も出勤することにしていましたし、お腹が減って倒れそうだったので一旦帰宅して車を置いて腹ごしらえしてから小岩へ。

五十嵐友洋(g) 堀江洋賀(g)@小岩Back in time
もうセカンドが始まってしまっていて、堀江君のオリジナルの途中でした。おや、聴き覚えがない?新曲かな。この間のリーダーライブも聴けなかったし。
次は聴き覚えがある五十嵐さんのオリジナルSpeaking to you,愛情あふれるラブソング。さりげなく五十嵐さんの個人情報がMCで公開されていましたが、お客さんと微妙に距離を縮めてくれるようなほっこりした感じがいいのですよねえ。なんだか人柄が滲み出てくるようなあたたかみのあるお喋り。
お二人のファンの人たちや、このライブハウスでライブをしている若手美人ピアニストさんも楽しそうに聞いてらっしゃいました。
画像

写真、MC中。なんか楽しそう。

このセットは二人のオリジナルが交互の構成のようで、次は堀江オリジナル、The thing not apearing。一筋縄ではいかない、思わず惹きつけられる曲。コード、どうなってんのかな??
そして五十嵐さんのバラード、For youがラスト。
アンコールはギタリスト、ロベンフォード のブルース。何をやりますか、そうだ、と思いついたように決めていましたが、これがまたシャッフルな感じの刻みも含め、ギターのかっこ良さ満載なのでしたわ。

ああ~、もう終わり、とも思いましたがなんたって小岩に着いたのが21時半をとっくに回っていましたからねえ、仕方ない。けれどビール一杯飲みながら一時間大好きな音楽を聴くというのは、非常にいい休息の取り方だと思いますよ。でも、次回はもっと早く来る!

この記事へのコメント

ほりえ
2013年03月27日 11:08
大変お忙しい&お疲れのところお越し頂き本当にありがとうございました!!
少しでも息抜きのお手伝いができれば嬉しいです。体調にお気をつけ下さい!
次回は5/29水曜です。
the thing not…今度譜面お渡ししますね!変わったコードは無いですよ!
かに
2013年03月27日 23:34
ほりえくん、
いつもながら書き込みありがとうございます!
Plume2の演奏はお世辞抜きに癒し効果満点ですよ。
よくモーツアルトが身体にいい、ということが言われていますが、よく調べてみるとそれはモーツアルトの曲が好きな人に限るそうで、、好きな演奏をライブで聴くのが一番効きますね。
次回も楽しみにしています!!

この記事へのトラックバック