久々Plume2ライブで久々に

月曜日。
先月行けなかったので、久々のPlume2ライブ。
楽しみにしていました。

Plume 2(五十嵐 友洋 g・堀江 洋賀 g)@Back in time 小岩

このDuoについては、このブログの中で「Green peas」で検索していただくと出てきますが、昔からよく聴いております。おっ。もう7年目か!選曲が幅広くて、聴きに行くたび新鮮なのですよね。

今夜は、何年も前からの知り合い、ニュージーランド出身のTimくんがゲスト出演するということ。
なんとなくとぼけた味わいのあるTimのサックスのあたたかい音色は、人柄を表しているみたい。

そしてギターの二人の演奏もMCも二人の味わいが出ているのよね。そこが人気の秘密でしょうか。

さて、お店に着いたらちょうどはじまるところ。バド・パウエルのバップなナンバーからスタート。
そして、堀江くんオリジナル「海」、五十嵐くんの懐かしの曲「Jump agein」。
ジプリの「海の見える街」(風の丘)、5拍子のアレンジが素敵です。いや、ギター2本で演奏すると
ここで、件のTimさんが飛び入りで、Timさんオリジナル、「After the Storm」を演奏。不思議なコード進行で、もやもや~とした感じが嵐のあと、って感じなんでしょうか?
ファースト最後は、これも懐かし!Sail cross to the Wind。Timさんが、英語の意味をもやもやした日本語(笑)で説明してくれるのがまたいい味出てます。これは「風に帆を立てる」の意、危険を冒す、の意味があるそうですね。スピード感のある曲、女性のギターのお弟子さんたちがたくさんいらしてたんですが、おおっ、という感じで聴き入ってましたよ。
そういえば、昨日は圧倒的に女性リスナーが多かったなあ。男性は一人・・・と思ったら、ギタリストの本間君がいらしたので久々にお話させていただきました。


さて、セカンド一曲目は、堀江くんオリジナル「星降る渚」。
五十嵐くん、本日初お披露目だというオリジナル「ヴァレンタイン メッセージ」はちょいと洒落た、小粋な曲でしたよ。
堀江くんの「フェイク・ブルース」はこのDuoの面白さを感じられる楽しい曲。
そして「Two for the road」。映画音楽ですね。ギターのアコースティックな響きが似合う名曲です。
再びTimさん参加で All the things you are。特に何も決めずにやりました、とあとで言っていましたが、緩めのテンポ、隙間が一杯ある自由な感じ、好きだなあ。
画像


そして最後は、カントリーロード。これもジブリバージョンのアレンジで、意外にも静かでしみじみとしたラスト。
こんな終わり方もよいですねえ。

帰りは久々お会いしたTimくんとからTimくんの奥さんの近況をききながら帰りましたよ。


そうそう、今度の土曜日、久々にエルヴに堀江くんと本間君が来てくれるらしいです。マスターにはビックリさせたいから内緒っていってたけど。マスター、これ、読んでないよね(笑)

この記事へのコメント

ほりえ
2012年02月16日 02:07
お越し頂きありがとうございました!
チョコもありがとうございます☆
中から何か出てきましたo(^▽^)o
エルヴも楽しみにしてます♫
かに
2012年02月16日 20:48
ほりAさん、
今回もいい曲たくさんありましたね!Timくんとのセッションも面白かったです。
〉中から何か…ってちょっとコワい?peanutsのフィギュア、どれが出たのかな?

この記事へのトラックバック