3年ぶりの

金曜日。
明日の準備をなぎ倒し、小岩に出発。
自分が聴き続けて一番長いご贔屓のユニット、Plume2を聴いてまいりましたよ。

Plume2
五十嵐友洋g & 堀江洋賀g @BACK IN TIME


そんなに広くない店内、ファンの方や、常連のギタリストさんが熱心に聴いていました。

とにかく、このDuo、選曲がいいのだなあ。スタート当初からJAZZに限らず、いろんな曲にチャレンジしていて、ライブ行くたび違う曲やっていて目が離せませんでした。今回も素晴らしい選曲!まあレポをご覧ください。

まずは軽快なスイングの「ロイヤルガーデンブルース」から。アコースティックギター二本の響きがきらきらしてますわ。ところどころのキメがばっちりで、気持ちよいな。

ビートルズのHere and Thereのカヴァー。リズムがはっきり出る面白いアレンジでした。

ミュージカル「オズの魔法使い」のカカシのナンバー、「もしも脳みそがあったなら」
さて、説明なしで始まったイントロ、もう、あ、「白い道」だなあ~と思った瞬間にぐっときましたねえ。いい曲だ。ギターの美しさが引き立つ。
そのあと、堀江君のソロでダニーボーイを短く、続けて「想いあふれて」。いいテンポのサンバ。アドリブの応答が見事。お客さんも唸ってましたねえ。画像

さて、この曲が1セット最後だったのですが、途中仕事から駆けつけてきたsakuraさんがいらして、ワイン飲んでました。なんだか面白いグラスで、堀江君も写真撮ってました(笑
そしてご一緒する2月のイベントについてちょっと打ち合わせ。
たった40分のステージだけど、みんなで作ると思うとわくわくします。


2ndは五十嵐さんオリジナル「月夜」「もしも海辺でギターを弾いたなら」(まあ!素敵な題名)から。五十嵐君らしい爽やかな、情感あふれる曲です。ちょっと絵が浮かびますね。堀江君の「海辺でギター弾いたら砂だらけですよ」という突っ込みもこのユニットらしい展開で楽しいな。
そして「ムースザムーチ」。だんだんテンポが上がっていくアレンジでテンション上がりますわ。
五十嵐さんのテーマ曲?「ニューシネマパラダイス」。いや~この曲もたまんなく好きなんです。うれしいなあ・・・・泣けました。

ラストはJ・スコフィールドの「ショードッグ」。
さあ、この後アンコールがなんと3曲」!「How about you」,「Fly me to the moon」。

そしてなんとリクエストにこたえ、「スペイン」も!!いえ~い。
このユニットを聴き始めた頃はよくやっていましたっけ。お客さんが「スペインとかできない?」というんでついつい「彼らのスペインは素晴らしいんですよ」なんてつぶやいちゃいました。
うむ、久々。しみじみします。3年振りかあ。。。
http://kani291vinorosso.at.webry.info/200803/article_14.html

日記は付けておくもんだ。。。。



この記事へのコメント

sakura
2011年01月30日 21:21
夏以来のPlume2 お2人のギターの響き、最高ですね(^^)v はじめていったお店でしたが、かにさんのアドバイスのおかげで最短距離でいけました☆
いろいろ相談にものってくださってありがとうございます<(_ _)>
音楽や会話のなかに星や海がでてきていいなぁ♪思いました。とっても自然なんですよね。きっときれいな景色いっぱいみてるのですね(^o^)丿
2011年01月30日 23:14
sakuraさん
金曜日も土曜日もありがとうございました!
夕日の見える「みさき」のライブ、って聴いてみたいですね。いつか「星夜」も。
それから、打ち合わせ、ありがとうございました。今回はsakuraさんが準備を具体的にすすめてくれているので、ほんと大船に乗ってます。自分も漕ぎます・・・
ほりa
2011年01月31日 00:13
かに先生 sakuraさん
またまたありがとうございました!
いつも感謝です!
まさかスペインをやるとは、、。
2/5も楽しみです☆
宜しくお願い致します、
かに
2011年02月01日 00:00
ほりaさん
いつもお世話になってます!
金曜日は自分が好きな曲が並んでいて感激でした。
そんでsakuraさんと一緒に聴くとまた楽しさ倍増なんですよ~!
2/5楽しんでできたらいいなあと思ってます。よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック