酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐藤金澤森山

<<   作成日時 : 2018/07/08 10:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像土曜日、という訳で、応援に行きたいライブはあれこれあれど、新宿に聴きに行ってしまいました。

今年の三月三日に長野のバックドロップというお店でやったLIVEを東京でもということで実現したそうです。まさにバックドロップの掛け合い、格闘技。この3人、凄いよ!!

佐藤允彦(pf) 金澤英明(b) 森山威男(drs)

実は昼ピットなので予約取ってないものだと早合点して、チケット制だと知ったのが前日。
なんとかGETしたチケットが63番!かなりの満席でした。
画像
森山さんに允彦さんがいろいろ話をふるMCが楽しい。
どうやら、金澤さんと允彦さんはどうやって森山さんを迎えようか、と二人でいろいろ飲みつつ画策したようです。
曲は適当に(フリーに)スタートして、森山さんが自由に暴れられるように展開。允彦さんのキレキレのアドリブ、金澤さんのスピード。
聴いている側も、はて、、、この曲は??と首をひねりながら激しい音のやりとりに身をまかせる、という感じ。すると、曲の断片やリズムパターンが浮かんでは消え、、わくわくしながら、ラスト一回だけのテーマの種明かしを待つみたい。
(曲決めは金澤さんだったらしく、森山さんに、じゃ、選曲係ー、何度か言われてました。允彦さん森山さんの間で、金澤さんはおれは使いっ走りです、と言ってておかしかった笑)

Green dolphin 、All blues、Peace、Caravan、セカンドはロシアン・ララバイ、夜は千の目を持つ、Footprints、A night in Tunisiaと、いやいや凄まじき、しかし美しき演奏。

PitInnに満席のお客様(年齢層やや高め)がお互い挨拶したり話したりされてました。今日は知り合いのリスナーさんは1人くらいでしたが、金澤さん允彦さんに顔を覚えてもらっていてご挨拶できてちょっと嬉しい感じ。
10年前の自分は允彦さんのピアノを初めてLIVEで聴いてぶっ飛んだのですが、金澤さん、森山のお名前すら知らなかった。
今ここでこういうセッションが聴ける、ということの幸せが解るようになりました。立派なマニアになったでしょ。

空腹でへろへろだったので、Pit Inn出てすぐの大阪王将で餃子ごはんセットとネギ載せ餃子とビール。
うーむ、本八幡まで我慢して餃子の王将で餃子定食頼んだ方がよかったかなあ、、
てな訳でこれから本八幡のセッションに寄ろうと思ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐藤金澤森山 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる