酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ポーランド多めの中野の夜

<<   作成日時 : 2018/06/29 01:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

木曜日、
このtrio、前回聴いた時に素晴らしかったので、きっとまた、と思っておりました。
中野の飲食店ひしめく路地を歩いて行くと、あちらもこちらもポーランド戦23時からTV放映の張り紙。

そしてここSweet rainでもポーランド多めでした。

石井智大(vln) 高橋佑成(pf)吉野弘志(b)

一曲目から若きポーランドのヴァイオリニストの作品。ポーランドの自然の豊かな地方の風景を描いた曲なのだそうだ。
そして対する日本の若きミュージシャンのオリジナル!智大さんのThe coast、佑成さんがうっかりポリリスという題名にしてしまったという曲も負けていませんでした。
ヘルゲ・リエンのFork most(だったかな?)もなんとなくケルティック。

セカンドのスタートは、ショパン。佑成くんの慎重な感じは、聴き覚えのあるピアノとちょっと違う。
一曲だけのJAZZナンバー、Hot houseはスイング感が凄くて、この方達は間違いなくJAZZマンだなあ、とも思ったり。
智大さんが昨日書いたという曲は、ピチカートが印象的で明るい、きらきらした音。題名はまだないそうですが、吉野さんが、思いついた、今日は昨日の明日、ってどうかな、と言っていて、それはいいな、と頷いてしまいました。
ラストはポーランドのヴァイオリニストによる曲、Quo Vadis。重厚な響き、自由な展開、素晴らしいな。
なんだか前回よりスケールが大きくなっている!!
画像

お客さんもたくさん。箏奏者の真由子さん、またまたお会いできて嬉しい〜〜
アンコールは日本人の曲「Waltz step」。わー月曜日も、石井さん(父)の演奏で聴いた、とひとりウケておりました。

さて、スタンプ貯まりましたので(再発行していただいてここまで半年かかってしまった)さっそく7月の裏二重奏観戦で使おうと思います!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポーランド多めの中野の夜 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる