酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS JAZZ講座 West coast jazzの巻

<<   作成日時 : 2017/08/28 18:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日曜日。
昨日は美容院行って、お昼を急いでかきこんで、本八幡のJAZZ講座、そしてジャムセッション。

かみむら泰一さんのお話とDJでウエストコーストJAZZの時代のお話を聞きました。
生演奏もあり。ダフード、素晴らしかった。

漠然と「そんなのもあるな」と思っていたウエストコーストJAZZ。
アンドレ・プレヴィンとトリオをやっていたシェリー・マンを知っていたのでちょっと嬉しかった。
西海岸のサウンドトラック作りの需要にミュージシャンが集められ、そこにベテラン勢が混じる。
この時代の音楽も何人かのJAZZプレイヤーがお互いに刺激しあって作り出していったものなのだ。
いろいろな音源を聴きながらJAZZは個人と個人の出会いから生まれてくるものなのだ、と思った。だからこの音楽は面白い。。
画像

ジャムセッションは少ない人数でしたが、マスターも参加していろいろな組み合わせで演奏でき楽しかったです。とにかくかみむらさんのサックスが素晴らしいんだ。
ベアトリスご一緒できて嬉しかった!
なめておったanother youのコードがうろ覚え?!ということに気付きました。また課題を得てやる気でましたぞ。いろいろ考えるところもありました。
しかし、早く帰って練習だー、と帰宅するもやっぱり睡魔に勝てず。
これから練習時間をどうやって確保していくか考えないとな。。

もしかしてこれからもう筋金入りリスナーを名乗ってはいけないのかもしれない。
そして「リスナー」としては余りに聴き方に偏りがあるのだろうな、と思う今日この頃ではあります。

しかし今夜は今月22本目のライブを見に行く、ピアノDUOだからまさに「観戦」。
すごく楽しみで随分前から予約してあるのだー。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JAZZ講座 West coast jazzの巻 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる