酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌→西荻窪

<<   作成日時 : 2017/08/11 07:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

水曜日、
というわけで、東京駅から中央線に大急ぎで乗り換えて西荻窪に。

吉野弘志(b) 石井智大(vln)

画像吉野さんが先週月曜日お会いした時、これは聴かない訳にはいかないでしょう、とにこやかにおっしゃるので(もちろん間に合わないけどちょっとだけでも聴ければ、と思ったのですが)、
少し遅れますとお伝えした。
そしたらじゃあなるべく押し気味でやるね、と言ってくださるじゃあないのー。

という訳で階段降りていったらもう、ごうー、とベースの音がしている。でも入って聴かねば、とドアを開けますと、目の前で写真撮ってる人がいる。なんでここにいるのよ。
そして客席を見渡すと満席。このお店の入り口はステージのすぐ横。

こりゃ入り口立ってても目障りだな、と大荷物を持ってガサガサ後ろのカウンターまで移動するとまさかの先生がいて、冷や汗ダラダラに。
ドタバタして申し訳ありません、怒ってないかしら。ああ緊張した。

しかし、何度か聴いたことがありますがやはりこのお店は一番後ろまで、美しく深い弦の生の響きが届くのです。

とにかく音が美しいお二人。
モンゴル民謡や、自分の好きな吉野さんのオリジナル「竹」、C・ヘイデンの曲、ピアソラのオブリヴィオン、テーマのユニゾンが見事なオーネット・コールマン、アンコールは2曲、Come Sundayは甘くて哀愁があってやはり智大さんのヴァイオリンにはぴったりだなあ、、とじっくり聴かせていただきました。

帰りの中央線でスマホみてたら、話しかけくる人が、、まさかのOさん!高円寺の南口のほうで聴いてきたそうです。
この路線だけでもたくさんの音楽家が演奏してるのだ、それが東京。

でもそんな中、このお二人の初DUOを聴けてよかった、と強く感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
札幌→西荻窪 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる