酒とばらばらの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS サルガヴォ@本八幡

<<   作成日時 : 2017/05/11 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像水曜日、
なんとっ!こんなに近くで「サルガヴォ」!!

鬼怒無月(g) 佐藤芳明(accord) 林正樹(pf)鳥越啓介(b)

ジャンルを超えた(でも多分ジャズのフィールドの)凄腕プレイヤープログレッシブ・タンゴ・バンド。久々に聴くことができます。
どんな風に進化しているかわくわくです。
とにかくこのメンバーのスケジュールが合うのが凄い。しかもこの空間での至近距離ライブ。
今日もこのお店のテーブル全て埋まってましたが、今回は女性5に対し男性1。そりゃもう、カッコイイとはこのバンドにこそふさわしい形容詞ですからね。

自分は最前列ベース寄り、鳥越さんの指ががっつり見えました。林正樹さんの弾くピアノの手元も。
アコーディオンの佐藤さんのほぼ生音が迫り、そして鬼怒さん、演奏の緊迫感とMCの緩さのギャップが素敵(笑)

音の渦に巻き込まれてくるくる回っている気分になりました。凄い。

「最新」「童話で書かれた…」、鮫 (エスクワール)は佐藤さんアレンジ、ではそれぞれのみなさんのフリーなソロに釘付けになりました。
美しいバラード(でもやっぱり何かが変な)「絵画」。
このセット最後は林正樹 さんの「カロン」。音圧もあるのにスピード感が半端ない。
画像

セカンドセットも聴き覚えのある曲がならびました。佐藤さんの 5533、ラ・クンパルシータ
クロノポリス。
佐藤さんアレンジの原形をとどめていない「リベルタンゴ」、本日のラストはこの曲でしたよ。
https://youtu.be/xWR4XtYTAzg
「ノエミ」。佐藤さんの曲です。いやあプログレッシブや。
アンコールは鳥越さんの楽しげな曲。

サルガヴォはこの後名古屋と浜松にツアーだそうです。
なんと、お客さんの中には浜松に行く方もいるそうなー。ううむ、なんか解る気がします。

客席の会話が聞こえてきたのですが、ここにも随分遠くからいらしてる方がいたみたいでした。でも、このお店の満席になる水曜日のセッションでお会いする方はだれもいらしてなかった、、ああもったいない。確かに好みの分かれるところでしょうけど、ジャズプレイヤーとしてはこのバンドは目撃する価値があると思うのですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルガヴォ@本八幡 酒とばらばらの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる